中古車でも十分なインフィニティ

四十歳になったのを機に、思い切ってインフィニティを購入してみようと思いました。
それまでにもいくつか車を乗り継いできたのですが、こだわりもなく、ただ走れば良いと考えていたので、ほとんが軽やコンパクトカーばかりを使っていたのですが、会社の上司が亡くなり葬儀に行った時に、それではいけないなと思い知ったのです。
葬儀場の駐車場には車が並んでいたのですが、どなたも一様に国産の高級車に乗っていて、ほとんどがプラックやシルバーといった抑えめのカラーばかりでした。そんな中、私が乗っていた黄色の軽自動車はとても異質だったのです。

遺族の方や周りの参列者からは特に咎められることはなかったものの、葬儀には相応しくないのは明らかでしたし、これが十代や二十代の若者ならまだしも、良い歳をした男がこのようなことをしてしまったのですから、穴があったら入りたい気分でした。
決して葬式に参列するためにという理由だけではないのですが、歳相応のものを持つべきだとこの時に思ったのです。そこで目に留まったのがインフィニティでした。

普段使いするのにも適していますし、決して安っぽくはなく、それでいて気品を漂わせているので、どこに乗って行っても恥をかくことはないでしょう。
ただ、新車で購入するのは少しハードルが高かったので中古車にしたのですが、それでも十分でした。
お願いした中古車業者さんが良いものを仕入れてくれたのもありますが、インフィニティはそれだけ素晴らしい車だということなのでしょう。おかげで大人に一歩近づけたような気がします。